妊娠で葉酸はいつまで飲むの? 葉酸を飲む時期について

投稿日:

葉酸はいつからいつまで飲めばいいの?

葉酸=妊娠のために必要ということは、かなりの認知度ですね

妊娠に悩む女性やカップルは多いです。

 

初めての妊娠は何にも考えていなかったのに、2回目はなかなか妊娠できない方もいますし、もちろん初めて妊娠を心待ちにする人も。

妊娠のために葉酸は必要ですし、実は出産後も授乳のために葉酸は必要です。

葉酸が必要な時期について、1つの正解とすれば、それは「ずっと」といっても過言ではありません

それくらい女性にとっては大事な栄養素です。

 

妊娠しづらい現状は?

厚生労働省の調査によりますと、不妊治療による特定治療支援を受けている人は、年々増加していて

平成24年度には134,881件

 

そっ・・・そんなにもっ!

ですが、なかなか相談しづらい内容でもあるので、実際にはそれ以上に女性が悩んでいるはず

 

なぜ年々増えているの?

不妊治療する女性が増えている理由として

出産年齢が増えていることもありますが、生活環境の変化も関係があるとされています。

生活環境の中で一番の変化が食事

 

出産年齢はどうしようもない面がありますが、生活習慣や食生活は改善ができます。

食事では、いまでこそ野菜の効果に注目が集まっていますが、まだまだ厚生労働省が推奨している量に達していません。

野菜の栄養素の中でも妊娠に関連があるとされているのが葉酸

 

 

葉酸って?

葉酸は、ビタミンB群の中の1つで、ほうれん草の葉っぱから発見されたので葉酸と名前がつきました。

葉酸は体にとって大切な栄養素で、とくに細胞分裂やDNAの合成などに必要とされています。

細胞分裂にも関係しているということは、妊娠にはもちろん、美しい肌や髪の毛など美容にとっても大切な栄養素です。

さらに、ビタミン6やビタミン12と一緒にに動脈硬化の原因ホモシステインを減少させたり、ビタミンB12と一緒にに赤血球を作っています。

 

どれくらい葉酸はいるの?

厚生労働省で葉酸の推奨されている量として成人男女で240μgとされています。

さらに妊娠している時に、葉酸を補給することで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを約8割程度、減らすことができるとされています。

また授乳期はこれに+100μgで340μgが必要とされています。

 

 

240μgってどれくらいの量?

240μgとなっていますが、食事として摂取する場合

どうしても消化器官からの吸収では、半分程度しか吸収されないということを考えると、400μgを摂取するほどの食品を食べることが望まれます。

 

では、葉酸が多いと言われる食品をどの程度1日に摂取すればいいのでしょう?

 

1日に400μg食べるための目安

  • 枝豆…約3人前
  • ほうれん草…約2束
  • モロヘイヤ…約1袋半
  • ブロッコリー…約8個
  • 芽キャベツ…約18個
  • 菜の花…約1/2束
  • 水菜…約3束
  • アスパラガス…約11本
  • いちご…約2パック
  • 納豆…約6パック

納豆は好きでも1日に6パックは食べられない!

イチゴも好きだけど1日に2パックは費用的に無理!

葉酸サプリが妊婦に人気!

葉酸は、妊娠・授乳・美容など女性にとって欠かせない栄養素ですが、1日に400μgという量はなかなか難しいですよね。

だからこそ、葉酸サプリに注目が集まっています。

赤ちゃんのため、自分のためにも葉酸をしっかり摂らなきゃ!っていう女性にオススメなのが

 

ベルタ葉酸サプリ

 

BELTA(ベルタ)といえば女性向けのサプリや酵素を手がけていますし、選ばれる理由として

  • 厚生労働省の推奨量に必要な400μgの葉酸が摂取できる
  • 葉酸以外にも27種類のビタミン・ミネラルを配合
  • 血や骨に大切な15mgの鉄分・250mgのカルシウムを配合
  • 18種類の野菜の成分を配合
  • 授乳時も必要なので、安心な無添加・無香料・製造チェック
  • 出産・授乳経験のある社員スタッフによるサポートもある

ベルタ葉酸サプリが人気なのも納得ですね!

 

ベルタ葉酸公式ページをチェック

 

 

妊活中・妊娠中ならベルタ葉酸サプリ

-妊娠, 恋愛・結婚

Copyright© 女性の悩み解決情報サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.