むくまない生活を送ってますか?セルライトやむくみは食生活から見直してみて!

投稿日:

セルライトやむくみに困っているなら生活をちょっと変えてみよう

 

便秘とならんで悩みを抱えていらっしゃる方が多いむくみ(浮腫)

とりわけ寒い時期、カラダは手と足などの末梢部の血管を狭めて、体温を逃さないため、冷えに限らずむくみ(浮腫)が発生する一因にもつながります。

このむくみをそのままにしていると、セルライトやたるみの要因となる事を知っていますか?

 

今以上にセルライトを多くしたくない方、たるみが心配になり始めた方は、むくみをよくすることで予防出来るのかもしれません。

 

むくみは病気が理由のものもありますが、一過性でむくみが起きるものが大半。

 

一過性の理由として、デスクワークみたいに同じ姿勢で長時間過ごすことや筋力の低下が理由となります。

また、これから説明もしますが、冷え性や塩分のとり過ぎもむくみの原因となりますので、注意していきましょう。

 

 

 

むくみがセルライトの原因に?

むくみ(浮腫)の原因として考えられるのが、心臓から新しい血液が出され、小さな細胞たちに栄養や酸素を送ったあと

次にご存知のとおり、二酸化炭素や老廃物、余分な水分などを集め、心臓に戻ります。

 

その時老廃物たちは静脈やリンパ管に排出されるべきなのですが

老廃物を含めた細胞間液が、一つのところで滞留している状態なり、それがむくみです。

 

この状況が長い間継続していくと、老廃物と脂肪細胞が融合し、セルライトを作ってしまうと言われています。

さらに、むくみが原因となってコラーゲン等といった肌のハリをキープするベースが延ばされることで、

たるみやシワの引き金となる要因にもなるとのことです。なので、むくみは一刻も早く解決しましょう!

 

むくみを解消するには、運動やストレッチ、マッサージが有効です。

さらに食生活を見直すことも、むくみ解消の1つですので、食生活のポイントもお伝えします。

 

 

 

むくみ解消のための食生活ポイント

水分をしっかり補給する

「むくみになるから」と言う理由で、水分摂取をセーブするのは厳禁です。

水分が不足していると、カラダは老廃物を含んだ水分すらもカラダに残してしまいます。

まめに水分を摂取する習慣をつけましょう。

お茶やコーヒーなどの飲み物は利尿作用があるので、白湯で水分補給をするようにしましょう。

 

カラダを内側から温める

カラダが冷えると、熱を逃さないようにしようと、手や脚の末梢部の血流が悪くなります。そうするとリンパ液などの末梢部に滞ってしまいますので、温かいものを食べたり、飲んだりして、カラダを内側から温める習慣にしましょう。

 

カラダを温める食品として、オススメなのが生姜です。生姜にはジンゲロールという成分が含まれ、カラダの内側からポカポカと温めてくれます。以前は生姜ブームもありました。最近は、あまり聞かないような気もしますが、それはブームではなく、社会的にも1つの習慣や食生活の中に浸透したからこそ、ブームという一時的な流行ではなくなったからです。

生姜の力は、あなたも体感したことがあると思います。しっかり生姜を日頃の食事に登場する機会を増やしていきましょう。

 

⇒むくみに効果がある食品をきゅきゅっと1つに!

 

血管を強くする食品を食べる

毛細血管は、加齢によって貧弱になると考えられています。

シナモンには毛細血管を丈夫にする働きが、カカオやポリフェノール

柑橘系のフルーツにはヘスペリジンが含まれ、血管を拡げて血流を助ける効果があります。

血管を丈夫にする食品も、日頃の食生活に取り入れてみましょう。

 

 

まとめ

むくみ浮腫を改善する方法食品紹介しましたが逆に悪影響を与えるものとして

塩分高いものアルコール多く摂取することは避けましょう

良いものは取り入れ悪いものは避けるできるだけむくみに効果がある生活送りましょう

 

さらに、むくみ解消にも効果があるリンパドレナージュの方法はこちら

 

 

-美容
-,

Copyright© 女性の悩み解決情報サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.