生理時の経血の多さをコントロールしたい

投稿日:

女性に生まれたが故に、ほぼ毎月やってくる生理・・・

腰が取れてしまうんじゃないかと思うほどの痛み、おなかが痛くて寝込んでしまう、ひどくイライラしたり落ち込んでしまう、などなど人によって生理痛の症状は様々ですよね?

また、経血量も少ない人もいれば、仕事中などでどうしても長時間トイレに席を立てずに“席を立った時に漏れてたらどうしよう・・・”と不安に思うほど量の多い人もいて、量もまた人それぞれです。

そんなこんなで、色々と悩み多き憂鬱な生理。

経血をコントロールして上手に付き合いましょう!

えっ?どういうこと?コントロールなんてできるの?って思いますよね?

それができるんです!

骨盤底筋を鍛える、膣トレって聞いたことがありますか?

それを経血コントロールに応用するんです。トイレに行ったときに溜まった経血をまとめて出します。

最初は難しいかもしれませんが、意識しているとだんだんとコツのようなものが掴めてくると思います。

不意に力が入った時に経血がドバッと出てしまった・・・そんな経験ありますよね?

ということは、おなかに力を入れなければ“ドバッ”とはならないということです。

トイレに行かない時は膣を締めるイメージで経血を溜めておきます。そしてトイレに行ったときに、おなかに力を入れて溜まった経血を“ドバッ”と出します。

 

経血をコントロールすることで、こんな良い事が!

経血をコントロールして、

・生理痛が軽くなった

・3・4日で生理が終わるようになった

・経血をトイレで出すからナプキンにあまり湿気がこもらずかぶれなくなった

・膣を締めたり緩めたりして鍛えることによって子宮の機能が上がり妊娠しやすくなる

私自身、経血コントロールを意識するようになって1週間以上続いていたのに、生理が始まって3日もすればほぼ経血がなくなっているのかナプキンを少し汚す程度にまでなりました。

経血をコントロールして憂鬱な生理を上手く乗り切りましょう!

 

-生理

Copyright© 女性の悩み解決情報サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.