ほうれい線を無くすためのマッサージ方法を公開

投稿日:

ほうれい線ができたからと鏡で毎日ため息ついてません?

ほうれい線をエクササイズで薄くする方法について 

365日顔の筋肉は重力を浴びています。

言ってみれば、何もすることもなく、ほうれい線はどんどん濃く、延びていきます。

ほうれい線があるないでは、見た目年齢はまるで違うはずですよね。

現れてしまったほうれい線を無くす方法は、お顔の筋トレか美容整形ぐらいしかありません!

毎日10分のエクササイズで、ほうれい線をなくす!要するに、10歳は若く見えるエクササイズをご覧下さい。

 

ほうれい線が起こる原因は?

コラーゲンの減少でほうれい線が色濃くなる

年齢とともに、コラーゲンが少なくなることで、肌はハリを失い、頬の脂肪を補助する皮膚組織がたるんでしまって、頬のところが下降し、口元にほうれい線ができちゃいます。

ほうれい線ができちゃうと、次はあごのぶ厚い脂肪を支えきれなくなり、二重あごになったしまう!

 

 

ほうれい線が起こる理由

紫外線が誘因の乾燥でコラーゲンが少なくなる

コラーゲンが少なくなることで、肌はハリを失い重力にかなわない

肩のコリなどにより眼の筋肉と口の筋肉をつないぐ筋肉が固まる

ビタミンCが少なくなり、肌がハリがなくなる

 

ということは!

 

ほうれい線を目立たなくするには、コラーゲンを増やせばいいんです

 

「たっぷりのコラーゲンとヒアルロン酸を高配合した」機能性表示食品はこちら 

 

ビックリすると思いますが食事のクセでほうれい線が色濃くなっていた!

ご飯の時ももちろんですが、デスクワークなどで顔を下に向けている時間が長い方は気を付けて下さい!

ほうれい線はライフサイクルの影響でもできやすくなります!

それこそ食事だけではありません!

食事や睡眠、ストレス、タバコなどの生活スタイルにも影響されて、ほうれい線がきつくなってしまう要因が隠れています!

 

ほうれい線のできやすさチェック

◯丸顔である
◯頬は、つまむとポニョポニョと軟らかい
◯ダイエットをして、痩せたり太ったりを繰り返している
◯洗顔後は、すぐに化粧水をつけないとつっぱる
◯日焼けしている
◯猫背気味だ
◯肩こり、首こりがひどい
◯口が半開きになりやすい
◯頭皮を指で揉むように動かしたとき、顔の皮膚が一緒に動かない
◯もの食べるとき、左右どちらか片側ばかりで噛む癖がある
◯最近、二重あごやエラの張りが気になってきた
◯目の下の▽ゾーンの毛穴が目立つ
◯パソコン作業が多く、前傾姿勢になる時間が長い
◯眼が疲れやすい
◯睡眠中に顔についた枕やシーツの跡がなかなか消えない
出典:女性の大敵「ほうれい線」 できやすさをチェック

ほうれい線の予防やできてしまったほうれい線改善策には、頬の筋肉にたるみが起きないように、顔の筋肉をパワーアップさせることがポイント!

 

ほうれい線を消すなら歯ブラシエクササイズ

歯ブラシを下にして口に入れ口をすぼめる。

ゆっくりと吸い込んで、8秒間キープ。

歯ブラシの背で、ほうれい線の裏側を上からしたに3回伸ばす。

 

 

 

二重あごと首のしわに効果がある舌スイング

目の前を向いて、右手と左手を胸の前で交差させます

首をそって真上を見て、舌を出して左右に8回スイング

 

 

60秒でできるほうれい線なくすマッサージ

1日10分なんて面倒でやってられないという方にはこちら。

ほうれい線動画

なくせるものなら良くしたいほうれい線
マッサージも効果はありますが、できてしまったほうれい線には、たっぷりの美容成分を与えてあげることが大切です。

 

 

まとめ

今回の方法を少しでも参考になればと思います。

最初にも言いましたが、毎日顔が受けている重力の影響を少しでも軽減できるよにマッサージや顔の筋力トレーニングをして、顔の下地をつくり、そこからたっぷりの美容成分を顔にあげることが大切ですのでせひ、やってみてくださいね!

「たっぷりのコラーゲンとヒアルロン酸を高配合した」機能性表示食品はこちら 

-美容
-,

Copyright© 女性の悩み解決情報サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.