ダイエットでバストは残す 胸痩せしない方法は?

投稿日:

胸は痩せたくない!バストダウンしない方法を教えて

ダイエットはしたいけど、胸は痩せたくない!

ダイエットしても落ちてほしいところの脂肪は減らずに、落ちてほしくないところは落ちる

 

どうにかしてよ〜と悩む女性も多いですね

 

ダイエットしたら脂肪が減って、胸も脂肪だから減るのは仕方ないとか思ってません?

 

 

以前、元グラビアアイドルのほしのあきさんが、痩せていても巨乳を手に入れるために一旦脂肪を増やして(体重を増やして)、バストアップし、それからバストを落とさずにほかの部分をシェイプアップしたとの逸話もあります

 

ということは、ダイエットはするけど胸は痩せさせないという方法は可能ということ

 

それでは、どうやってするのか?

 

 

胸は脂肪だけなの?

 

まずは乳房がどんな構成になっているのか、確認してみましょう

 

乳房は、やわらかい皮下脂肪が9割近く締めています。脂肪の下には大胸筋があり、乳首を中心にして乳腺が放射状に並んでいます。乳腺が乳房の1割を締めています。

乳腺は赤ちゃんに母乳をあげるために、とても大事なものなので脂肪で守られています。

乳腺が発達をすれば、それだけ脂肪も必要となります。

 

ということは・・・

 

ダイエットで痩せて体全体の脂肪が減ったとしても、乳腺が発達すれば、体は乳腺を守ろうとして乳房に脂肪を集めます。

これがダイエットしても胸痩せしないためのポイントです

 

さらにバストアップすると、乳房が重くなり下がってしまうので、乳房の土台ともいえる大胸筋を鍛えることで

美バストを手に入れることができます

 

 

バストだけ維持するために大胸筋と乳腺を発達させる

ダイエットしても胸痩せしないためのポイントが、乳腺と大胸筋を発達させることがポイントとお伝えしました。

それでは、どうやって乳腺を刺激して、鍛えるのか!

 

女性ホルモンをアップさせる

食事でバストアップさせる栄養をどんどん取り込むことがポイント!

 

大豆を食べて、イソフラボンを摂取する

大豆といえばイソフラボン!

イソフラボンは、女性ホルモンの1つエストラゲンと似た作用があります

 

エストロゲンの効果としては

  • 肌や髪のツヤやハリを保つ
  • 乳房や皮下脂肪を刺激して女性らしい体を作る
  • コレステロールの増加を抑える
  • 骨が丈夫になる

などなど、女性にとっては嬉しい効果ばかり!

そのイソフラボンを摂取するのに適しているのが、成分無調整の豆乳!

食事の夕食時に飲めば、お腹も満たされて、食事量も減るのでダイエットにも最適です

 

でも、1つ注意があります

大豆には脂肪分もありますので、いくら髪や肌、バストアップに良いと言っても

摂取のしすぎは脂肪が増えますので、1日にコップ1〜2杯くらいにしましょう

 

 

運動とマッサージで鍛える

 

乳腺マッサージと大胸筋の筋トレは、バストに直接的に刺激を与えますので、継続して動画を参考にして進めましょう。

 

乳腺マッサージ

 

大胸筋を鍛える

 

 

 

まとめ・バストアップを集中的に!

ダイエットしたいけど、胸痩せしたくないという方は、今回紹介した内容を参考にしてくださいね。

 

さらに

豆乳を飲んだり、乳腺マッサージ、大胸筋の筋トレと合わせて、集中的にバストアップを目指すなら

以前の記事で紹介したバストアップクリームを使われることもオススメします。

 

【前記事:バストアップクリーム 人気の5選 その効果は!?】

-ダイエット
-, ,

Copyright© 女性の悩み解決情報サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.